このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
| ホームに戻る | 留意事項 | 管理用 |   

スレッド一覧 > 記事閲覧
ポルトガル館
編集
愛知万博の「ポルトガル館」についての感想を語るスレッドです。
投稿を行なう場合には、各スレッドの一番下にある返信専用フォームより投稿ができます。
出来るだけ雑談・質問などはせずに感想のみを書いていってください。

名前: 管理者  [ 2005/08/28 13:46 ]

Page: 1 |

[No.1] ポルトガル館
編集
ここのワインはボトルキープできるとの事です。

名前: 自転車男 [ 2005/08/31 00:57 ]
[No.2] ポルトガル館
編集
娘のトイレ待ちの間、近くではここが一番空いてたのでとりあえず見ました。
あまりの狭さに驚きました。
狭さNO1では?

名前: あ [ 2005/08/31 12:21 ]
[No.3] ポルトガル館
編集
お土産品が可愛いものが多いなと思いました。
カウンターでちょっと飲食できるようですが愛想の無い日本人スタッフだったのでやめました。
壁とかコルクだったと思います。あとポルトガル語が
そのまま日本語になった言葉の紹介がまあ面白かったです。

名前: ひろ [ 2005/09/02 00:48 ]
[No.4] ポルトガル館
編集
お兄さんがコルクの木の皮を触らせてくれて、
子供に「木を切り倒さなくてもよくて、はがしても元に戻る。」
と説明してくれて興味を持っていました。
イギリス館にもあった手をかざしてめくる「電子本」がここにもありました。

名前: ya [ 2005/09/02 20:40 ]
[No.5] ポルトガル館
編集
ここのチーズタルト¥200はお薦め。うちの子はあまり美味しいので1つ食べた後、もう一つ買いに行ったぐらいです。チーズタルトというよりエッグタルトに近い味でした。

名前: アラン [ 2005/09/08 14:55 ]
[No.6] ポルトガル館
編集
館内入ってすぐに見る映像がきれいで、ポルトガルに行ってみたいと思いました。
比較的地味な展示かもしれませんが、鎖国時代の貿易国として、じっくり展示を見ていくと、ポルトガル語⇔日本語など、いろいろな影響を受けていたことが分かりおもしろかったです。
コルクの木も、お姉さんが説明してくれ、木の皮を持たせてくれました。
その軽さに驚き、ワインの栓の作り方を見て感心し、着物や家具、壁などもコルクで、小さいながらも印象的なパビリオンでした。

名前: ぷーちゃん [ 2005/09/09 16:32 ]
[No.7] ポルトガル館
編集
南蛮を描いた絵画って、実は日本のスタッフが展示したんじゃないの?
ポルトガルに寄せる日本人の思いって、じつは日本人の片思いなんじゃないか?
ポルトガルの人達は、そんな日本との交流の歴史なんてほとんど知らないんじゃないのか? そんなことを勝手に考えてしまいました。
実際私も、現在のポルトガルがどんな国か良く知りません。


名前: 40男 [ 2005/09/14 01:20 ]


 

Page: 1 |

スレッド一覧 > ▲ページの上へ > 記事閲覧