このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
| ホームに戻る | 留意事項 | 管理用 |   

スレッド一覧 > 記事閲覧
こいの池-ナイトイベント
編集
愛知万博の「こいの池-ナイトイベント」についての感想を語るスレッドです。
投稿を行なう場合には、各スレッドの一番下にある返信専用フォームより投稿ができます。
出来るだけ雑談・質問などはせずに感想のみを書いていってください。

名前: 管理者  [ 2005/08/29 14:25 ]

Page: 1 |

[No.1] こいの池-ナイトイベント
編集
これは「こいの池イブニング」じゃなくて、池のことを書けばいいの??
ならば、こいの池には本当に鯉がたくさんいるんです!
子供達が見つけて大はしゃぎしてました。


名前: まめ [ 2005/08/29 01:24 ]
[No.2] こいの池-ナイトイベント
編集
一時間前から、観覧にいい中央付近席を確保。
にもかかわらず、ショーの途中から雨が降り出し、一斉に避難・撤退するヒトが目立った。
私も同様、雨に濡れない付近に撤退。そこから立って見ていたが、
ショーの内容は結局よく理解できなかった。。。


名前: 万博娘 [ 2005/08/29 15:03 ]
[No.3] こいの池-ナイトイベント
編集
サルが怖い。。。


名前: いいんだけど [ 2005/08/29 16:13 ]
[No.4] こいの池-ナイトイベント
編集
華やかな夜のショーを期待してみたのでちょっとがっかりしました。
内容はめざめの方舟と同じく、意味を追求してはいけないものでした。
「何がいいたいのかさっぱり分からん!」と
外国映画や現代美術を見てよく思う人にはおすすめできません。

名前: ひろ [ 2005/08/30 00:03 ]
[No.5] こいの池-ナイトイベント
編集
大地の塔付近を歩いていたら、ショーをやっていたのでちょっとだけ見ました。
子供は何か喜んでました(^^;)「うぉぉ〜〜きいのがでてきたねぇ〜〜〜!」って。(←大きいのがでてきたね)
大人には「???」でも、子供には「!!!!」なのかもしれません。

昼間に池を覗いてみたら、ものすごく大きな鯉が!!!
これには大人も子供も「!!!!」でした。

名前: れんきち [ 2005/08/30 05:17 ]
[No.6] こいの池-ナイトイベント
編集
お母さん猿(スノーモンキー)が 元シブガキ隊の薬丸くんに見えてしまうのは私だけ?

名前: おで [ 2005/08/30 21:37 ]
[No.7] こいの池-ナイトイベント
編集
どうして猿なんでしょう?勉強不足のわたしにはわかりませんでした。
あれがモリゾーキッコロだったら、子どもも大喜びだったのに・・・

名前: キコロ [ 2005/08/31 11:20 ]
[No.8] こいの池-ナイトイベント
編集
期待して行ったら「えっ」て感じ。
5月の時でトヨタ館の前を通ったとき「今なら30分待ちです」と言う声を
聞いたのに「こいの池のショー観たいから行かれないな」と通過した事を
後悔しました。
寒くて途中で席を立ってしまいました。

名前: 愛知 [ 2005/08/31 22:35 ]
[No.9] こいの池-ナイトイベント
編集
前回大地の塔側から見たときは、水のスクリーンに映るアニメ−ションが見えなくてわけがわかりませんでした。
でも昨日初めて正面から観覧したのですが、私は結構気に入りました。
最終日だったので、一度池に沈んだスノーモンキーが再び登場して185日間ありがとう・・としゃべりました。最後は花火が上がり、銀色のテープが飛んできました。きれいでした。帰りにシールがもらえました。
ただピンキー(黒柳徹子さん)の音声が小さくて聞き取りにくかったのが残念です。
ちなみに大きい方のサルが歌う子守歌は、アメリカの若手女性歌手ジョアンナ・ニューソンさんが歌っているそうです。

名前: teru [ 2005/09/26 08:40 ]
[No.10] こいの池-ナイトイベント
編集
40歳過ぎの母には???だったのですが、小学生の次男は、内容も、映像もよーくわかったそうです。とってもすばらしいものだったそうです。見たものそのまんまを感じればいいそうです。
ありのままを受け入れられない母は、汚れた大人なのかしら?
でも、アニメーションと大きな母猿のギャップが大きすぎて・・・。
家族の評価が割れたショーでした。


名前: あっつん [ 2005/09/26 09:53 ]
[No.11] こいの池-ナイトイベント
編集
長い時間並んでまで見るほどのものではない。

名前: ゆうとかいとう [ 2005/10/27 21:47 ]


 

Page: 1 |

スレッド一覧 > ▲ページの上へ > 記事閲覧