このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
| ホームに戻る | 留意事項 | 管理用 |   

スレッド一覧 > 記事閲覧
瀬戸日本館
編集
愛知万博の「瀬戸日本館」についての感想を語るスレッドです。
投稿を行なう場合には、各スレッドの一番下にある返信専用フォームより投稿ができます。
出来るだけ雑談・質問などはせずに感想のみを書いていってください。

名前: 管理者  [ 2005/08/28 19:38 ]

Page: 1 |

[No.1] 瀬戸日本館
編集
映像を見るパビリオンが尾多い中で 「一粒の種」は生の迫力と演じている皆さんの熱気が伝わって来て 思わず鳥肌が立つくらい感動しました
ぜひ閉幕までにもう一度見たいです


名前: エリリン [ 2005/08/28 23:03 ]
[No.2] 瀬戸日本館
編集
日本の良さを改めて感じることができました。

名前: sala [ 2005/08/28 23:07 ]
[No.3] 瀬戸日本館
編集
開幕当初に評判も何も情報がないまま、いきなり見た群読には腰が抜けそうなぐらい感動しました。その後たびたび訪れましたが見る場所によっても随分印象が異なります。偶然ですが空いた時には役者さんがより間近まで近づいてくれて興奮しました。後僅かですが怪我の無いよう頑張って欲しいと思いますし、一人でも多くの方にご覧戴きたいですね。

ところでプロローグの映像で扇子が舞うシーン、モリコロ柄の扇子が出てくるような気がします。

名前: ふうパパ [ 2005/08/28 23:41 ]
[No.4] 瀬戸日本館
編集
意図とするものがゴメンナサイ!私には理解不能でしたが
若い役者さんの汗を飛び散らせながらの懸命な演技には目を見張るものがあり、心より湧き出る感動がありました
もう一度見たいですが、遠方のため行けないのが非常に残念です。


名前: 花いちもんめ [ 2005/08/28 23:58 ]
[No.5] 瀬戸日本館
編集
メインはちょっと苦手な人には苦手な「演劇」。
でも、生の迫力十分です。(かっこいい人たち多いし(*^_^*))

ショーのあと見られる展示物は予想外に良いですよ。


名前: るり [ 2005/08/29 00:01 ]
[No.6] 瀬戸日本館
編集
昔、ともに踊った友人が出演していたこともあり
一番に見たパビリオン
昔と変わらず一生懸命な姿に感激しました。
やはり人間が体を使って表現するということは
見るたびに違うもの、変化し続けるものなので
どんな先端技術のパビリオンにもかなわないと思いました。

名前: ひろ [ 2005/08/29 00:40 ]
[No.7] 瀬戸日本館
編集
4回(赤組3回、青組1回)見ました。観覧する席によって新しい発見と感動があります。人間の表情、しぐさ、言葉の素晴らしさを再認識させられました。

名前: 夢見る万博 [ 2005/08/29 00:56 ]
[No.8] 瀬戸日本館
編集
子供が小さかったのでメインがロビー観覧で
小さなテレビモニターだったのでつまらなかった。
劇場のように防音ガラスの親子室を作ってくれれば
他の方に迷惑をかけないで親子でも楽しめたのに…残念です。

名前: 瀬戸子 [ 2005/08/29 08:24 ]
[No.9] 瀬戸日本館
編集
「生」の迫力がよかったです!
小2の娘にも伝わるものがあったようで、「もう一度見たい」と言っていました。


名前: わいわい [ 2005/08/29 09:25 ]
[No.10] 瀬戸日本館
編集
小さい子は入れないと聞いたので子供を預けて一人で行きましたが
冷房がきつくて役者が横をすり抜けていくと寒くて寒くて。
雨の日だったこともあって風邪をひきました。
内容も迫力はあるのですが、せっかくのセリフが怒鳴ると言うか
がなると言うか、少し耳が悪いのもあるんですが何を言ってるのか
聞き取りにくく、期待していたのとギャップが大きくて・・・。

家族で行ったときはベビーカーの扱いに困りました。
ベビーカーの事を聞いたら、エレベーターが無いのでエスカレーターを
持って降りるか、エスカレーターの上にベビーカー置き場がある・・・
と案内されたけど、子供が寝てしまいそうだったので持っていきました。
旦那達は中で見たいので別れましたが、案の定プレショーで寝てしまい
案内してくれたアテンダントさんが気の毒に思ってくれて、「(車椅子用の)
エレベーターが使えるかどうか聞いてきます。」と言ってくれましたが
責任者の方は「基本的にエスカレーターでお願いしていますので。」と
例外は認めないという対応でした。
結局、そのアテンダントさんがベビーカーを運んでくださいました。
案内された場所は小さなモニター画面を横から見る感じで、子供も起きてしまい
『アテンダントさんに迷惑かけてしまって、こんな事ならやめとけばよかった。』
と後悔ばかりで全然楽しめませんでした。
終わってからも旦那達とうまく合流できず(旦那達は私達が上の展示のところで
待っていると思っていたので、エスカレーターをあがっていってしまった。)
別のアテンダントさんがまたベビーカーを運んでくださいました。
これは私の判断の悪さと思慮の無さ、事前の勉強不足が原因ですね。反省。

なので、ここを良いという人の書き込みを見ると、全然楽しめなかった私は
とてもうらやましく思います。

名前: エメラルド [ 2005/08/29 13:04 ]
[No.11] 瀬戸日本館
編集
とても評判がいいパビリオンですが
申し訳ないですが私には何を言っているのかさっぱりわからず
全く感動しませんでした。

名前: いるくん [ 2005/08/29 12:29 ]
[No.12] 瀬戸日本館
編集
開幕当初に訪れ、とりあえずすいてるし、入ってみるかぁって感じで入りましたが、残念ながら私には理解不能でした・・・。
闇の中を何度も役者が走りぬけるので、ちょっと怖かったです。
そばにいたチビッコは恐怖のあまり泣いてました。
でも、役者さん達は精一杯演技してみえました!

名前: ・・・ [ 2005/08/29 12:44 ]
[No.13] 瀬戸日本館
編集
開幕二日目、何の予備知識も持たず、「とりあえず」で入ったら、これがメチャクチャ感動した。
迫力が伝わってきたんでしょうね。
出口付近に飾られている、風車と折り紙のオブジェたちにも心が和みました。

名前: 万博娘 [ 2005/08/29 14:26 ]
[No.14] 瀬戸日本館
編集
2000回記念に行きました。竹下景子さんの館長挨拶やカーテンコールなど、感動しました。一粒の種は「日本人という名の伝統」「雨にもまけず」や 最後の「浄らかなる白を求めて」など、日本語を使う日本人としての琴線にふれるフレーズが多く、15分という短い時間に内容が濃く古き良き日本を思い出させてくれた。この感動を、多くの人に感じて欲しい思うのは 僕だけではないでしょう??

名前: 日本人党 [ 2005/08/29 22:04 ]
[No.15] 瀬戸日本館
編集
展示物が(も)意外によかったです。ちょっとした美術館でしたよ♪
足早に過ぎる人も多い中、ノンビリみていると、アテンダントの人たちが詳しく説明してくれました。(トクした気分)

名前: るり@再び [ 2005/08/29 22:41 ]
[No.16] 瀬戸日本館
編集
役者さんたちの動きが素早く、その迫力には感動でした。
小1の子供も「もう一度見たい」と言っていました。
ただ、言いたいことの意味がわからない所がもったいないです。


名前: まめ [ 2005/08/30 01:32 ]
[No.17] 瀬戸日本館
編集
たくさんあるパビリオンのなかで最も印象の悪いところです。
冷房強すぎます。いくら役者が動き回るとはいえ、冷蔵庫に15分閉じ込められたような状態はひどすぎます。地下熱?を利用した冷房の方法を自慢してパンフレットに書くんだったらもっと人間にやさしい冷房設定28度にしてほしいと思いました。
もともと演劇ミュージカル等に興味がないからかもしれませんが、あの発声は何を言っているか聞き取ることができませんでした。

名前: teru [ 2005/08/30 16:33 ]
[No.18] 瀬戸日本館
編集
メインもダイナミックですてきですが、プロローグの方がお気に入りです。
並ぶのが早過ぎてスクリーン目の前で見たのが逆に残念でした。少し離れていたら全体を見れたんだろうな、と。ショーの部屋が寒いのは最後の演出のためなのかな?と勝手に納得していました。
晴れた日の風車はとてもきれいでした。

名前: なっぱ [ 2005/08/31 03:06 ]
[No.19] 瀬戸日本館
編集
一生懸命やっているのはわかるのですが。
オーディションで選ばれた割には滑舌が悪いような・・・。
2-4人で発声するときもそろってないし・・・。

一人のとこでも明瞭な発声に感じなかった。
(長久手愛知は一人だけど発声はとてもよかった)


名前: 西沢 [ 2005/08/31 07:53 ]
[No.20] 瀬戸日本館
編集
前評判がよかったので、かなり期待して行ったのですが。私にはもうひとつ・・。でした。確かに迫力はあるのですが、何を表現したいかよくわかりませんでした。

名前: おっと [ 2005/08/31 09:23 ]
[No.21] 瀬戸日本館
編集
メインはとても迫力があり感動しました。
短い時間にいろんなことが凝縮されていて、2回見ましたがもっともっと見たいです。
プロローグはあまり好きにはなれませんでした。

名前: キコロ [ 2005/08/31 11:07 ]
[No.22] 瀬戸日本館
編集
ロボットや最先端技術が前面に押し出されている愛・地球博ですが、こんな生の演技を観ると、やっぱり人間がする事って感動できるな!と思いました。
長久手愛知県館と共に、そう思いました。


名前: ま〜ま [ 2005/08/31 13:47 ]
[No.23] 瀬戸日本館
編集
日本の演劇はここまでやるようになっていたのかと素直に驚きました。
何言っているかは正直わからないところの方が多かったですが。

・・・長久手にあったら整理券待ちの列凄いことになっていたような気が。

名前: ととと [ 2005/09/01 08:18 ]
[No.24] 瀬戸日本館
編集
 期待していきました。一生懸命さが伝わってきて、パビリオンの催しとしては
素晴らしかったと思います。
 ただ、やはり何を話しているのかよくわかりませんでした。


名前: なにぬ [ 2005/09/01 16:15 ]
[No.25] 瀬戸日本館
編集
これは、想像以上に良かったパビリオンでした。
圧倒されましたね。瀬戸は空いているというイメージで、何気に入ったのですが、良かったです。
シアターが多い中で、実際に人がやっている物は、また伝わるものが違うと思いました。

名前: のわ [ 2005/09/02 01:04 ]
[No.26] 瀬戸日本館
編集
期待しないで行ったら、臨場感があって良かったです。
子供は音とかどうかな?と思いましたが、生の声ですので意外に大き過ぎず楽しめたようです。
瀬戸会場自体がのんびりしていて、人ごみの嫌いな主人はとても気に入ってました。

名前: ゆんゆん [ 2005/09/02 15:10 ]
[No.27] 瀬戸日本館
編集
3月26日に初めて万博を訪れ、最初に見たのが「一粒の種」。そのすばらしさに驚き、これまで9回観覧しました。いつも感動しています。15分で日本を表現する、すごいと思います。
セリフが聞き取れない、という方が多く、私もその1人ですが、最後列に座ると三三七拍子の時のセリフがはっきり聞こえます。
24日、25日の最終公演を見ようと思っていますが、何時にいけば最終回の券を取れるのか、悩んでいます(24日は小学生の息子の運動会。何でこんな日に)。

名前: T.K. [ 2005/09/03 02:29 ]
[No.28] 瀬戸日本館
編集
すごい迫力でした。 でも、ちょっと怖かったです。 
外国の、特に中国や韓国の方には、あまり良い印象は与えないと思いました。
子ども達はお兄さん達の表情を見て笑い転げていました。

名前: tiki [ 2005/09/03 23:32 ]
[No.29] 瀬戸日本館
編集
先日、姉夫婦を案内しました。ふたりの普段の雰囲気から「よくわからない」なーんて言葉が出るかと思いきや、「凄くよかったね」と夫婦揃って感激冷めやらぬ感じで、ちょっと意外な一面を見たような気分でした。
大人にとっては、先端技術もいいけど、やはり血の通う人間が伝える感動、それが大きかったようです。
「一粒の種」と加山雄三だけで一日満足だった、とのたまっておりました。

名前: へそクリクリ [ 2005/09/05 16:24 ]
[No.30] 瀬戸日本館
編集
期待が大きすぎたかもしれません。
迫力はありました。ダンス(?)も上手だと思います。
が、肝心の群読のところが。。。
青組だったのですが女の子で一人地声の非常に高い人がいて、
ソロだとすばらしい美声なのに声が他の人と合わない。
凄くもったいないなと思いました。
展示品は結構楽しめました。

名前: あざらしさん [ 2005/09/06 00:20 ]
[No.31] 瀬戸日本館
編集
プレ映像もすばらしくよかった
群読は評判どおり、飽きさせない構成と、メリハリのある動き
演じる若者たちの顔の輝きもすばらしい
選ばれた日本の言葉もさまざまな分野から丁寧にセレクトされていてよかった
(雨ニモマケズ、はやっぱりという感じでだけど)
多少聞き取りにくいのは致し方ないところで
錯綜する言葉から観客が音と言葉を自分から能動的に
拾って行くところにも意味があると思う

暗く静かな映像、密閉空間での濃い演劇のあとで
のんびりと開放的なかわいらしいオブジェが待っていて
これもよかった〜

名前: MARU2 [ 2005/09/06 12:53 ]
[No.32] 瀬戸日本館
編集
中途半端な時に並んだようでプレショーに案内された時
部屋の中央くらいになってしまい
身長150cmの私と110cmの娘はあの真っ暗な部屋で
人の頭の間から必死になって映像を見ました。
外国から見た日本のイメージって感じがしました。

娘は4歳ですが暗い所が苦手なので群読はあえてロビーで鑑賞しました。
何か感じるものがあったのか最後まで一言もしゃべらずじっとモニターを見て
終わったらため息をついてました。

展示物も結構印象に残っていたようで、
幼稚園の夏休みの思い出画にここの展示物を書いてました。


名前: ともともとも [ 2005/09/06 15:33 ]
[No.33] 瀬戸日本館
編集
子どもが年齢制限に引っかかるけれど、屋上のアート(風車)が
見たくて入館しました。
トヨタのギャラリーみたいに屋上だけ見ることができたら
よかったなと思います。
(でもプレショーは和の雰囲気が良かったです)

名前: ちぃ [ 2005/09/06 22:33 ]
[No.34] 瀬戸日本館
編集
良かった。最高。
この中から何人かが俳優として
ブレイク。祈ってます。


名前: ルパン瀬戸 [ 2005/09/07 02:12 ]
[No.35] 瀬戸日本館
編集
群読の素晴らしさに感動しました。長久手会場に在ったら
もっと混雑するパビリオンになるでしょう。

名前: YS [ 2005/09/07 02:35 ]
[No.36] 瀬戸日本館
編集
迫力は出るでしょうが私には言葉の調子が強すぎてあまり印象がよくありません。もっと優しげな日本語のほうが心地いい。それと気になったのが衣装。あれは日本というより韓国か中国風といった感じです。演出や構成がイマイチといったところです。でも若い人たちが一生懸命やってるのは立派だと思います。

名前: meme [ 2005/09/08 17:47 ]
[No.37] 瀬戸日本館
編集
期待が大き過ぎたのか?私と子どもの感性がないのか?
あまりいいとは思いませんでした。。。
声も揃ってないし、怒鳴ってる感じで良く聞き取れないし…
一生懸命さはわかりましたが、私には瀬戸愛知県館のオペラの方が素敵でした。

名前: すま [ 2005/09/11 23:14 ]
[No.38] 瀬戸日本館
編集
演劇に興味があるので、こういう演出方法もあるのかと、感動しました。
子供たちは、河童のミイラに喜んでいました。
帰りの新幹線の中で、突然、6歳児が「変わらないもの!……」とやりだしたので、印象が強かったのだと思います。

名前: tomomi [ 2005/09/12 19:11 ]
[No.39] 瀬戸日本館
編集
最初に入ったときは、全く知りませんでした。
長久手を一通り見て瀬戸へ行き、整理券を配っていたので、まぁ入ってみるかぁという感じ(^^;
どきもを抜かれました・・
正直言って、何を言っているかはわかりません。というか
http://www.nippon-kan.jp/midokoro/seto/hitotsubu.pdf
を見ても私には意味が理解できないところもあるので・・・(^^;
でも、言葉なんかどうでもいいです。肌で感じるんです。初めての経験でした。


名前: とも50 [ 2005/09/14 21:42 ]
[No.40] 瀬戸日本館
編集
セリフが聞き取りにくいという方はセリフを見てから
行くのも手ですよ。
http://www.nippon-kan.jp/midokoro/seto/hitotsubu.pdf

名前: 神奈川の人 [ 2005/09/18 16:29 ]
[No.41] 瀬戸日本館
編集
一番心に残ったパビリオンでした。
小6の娘も「よかった」と言っていました。
残念ながら、小3の娘には伝わらなかったみたいでしたが・・・。

一粒の種で「ふるさと」が流れてきたとき、
気づいたら涙があふれていました。
自分でもなぜだかよくわからないけど。

とにかく、もう一度観たいです。
この作品に関われた、出演者の皆さんがうらやましくなりました。

プレショーも外の風車などもとってもよかったです。
瀬戸の雰囲気にとても合ったパビリオンでした。

名前: うさぎ [ 2005/09/21 11:39 ]
[No.42] 瀬戸日本館
編集
屋上の風車もきれいでしたが、
その反対側にあった動物のオブジェを子どもがとても気に入って、
デジカメで何枚も写真を撮っていました。
あまり一般受けはしないかもしれませんが…。
会場内、私も寒かったです。

名前: すみれ [ 2005/09/21 15:59 ]
[No.43] 瀬戸日本館
編集
日本の美しさ満載のパビリオンだと思います。

プレショーからメインの群読、インスタレーションに至るまで、目から耳から
日本的なセンスの美しさを感じました。

このまま他の海外の万博へ持っていっても人気がでそう。
不思議なことに、今でもライブで見た役者さんの表情などが、目に浮かびます。
やっぱり生のパワーは凄いんだなぁ、と群読の面白さを味わいました。

名前: ぱんこ [ 2005/09/22 13:45 ]
[No.44] 瀬戸日本館
編集
友人と12時に待ち合わせだったのでそれまでの時間つぶしにときた瀬戸会場。
フラフラしていたら整理券を配っていたので手にしたら11時45分からで
正直あせりました。しかたないので友人に遅れるとメールしたものの、
このまま観ずに行ってしまおうかとも思ったけれどせっかくなので
1人で観てきましたが、内容にはビックリしました。
とにかく迫力があってよかったです。観ている時はその迫力に飲まれて
しまいましたが、観終わった後は結局何が言いたかったのか・・・と正直
意味不明でしたが、それでも観てよかったと思えました。
あれはきっと心で感じる舞台なのではないかと思いました。
観れてよかったです。

名前: があい [ 2005/09/23 15:00 ]
[No.45] 瀬戸日本館
編集
2回目の投稿ですいません。9月25日の最終公演は長久手会場の予約の関係であきらめましたが、計12回観覧しました。今回の万博で最もすばらしく、後世に伝える価値のあるパフォーマンスと思います。また、このようなパフォーマンスを私の住む瀬戸で開催していただいたことを誇りに思います。
25日17:40頃、竹下景子さんや渡辺貞夫さんが出てこられてスタッフをねぎらい、また、スタッフがみんなで無事終了の喜びを分かち合っていました。見ていた私も拍手していました。
18時、瀬戸ゲートを出ると、一粒の種の役者さんが見送ってくれました。何人かの役者さんと握手し、また全員にお礼を言うことができました。最終回は見えませんでしたが、役者さんに直接お礼を言うことができ、とてもうれしかったです。また、瀬戸の巡回バスを待っていたら、バスに乗って帰る役者さんたちが、バスの窓からこちらに「ありがとー」「さよならー」と大きな声で最後のあいさつをされ、こちらも感激して手を振り、同じ言葉で見送りました。この万博に何も思い残すところはありません。
一粒の種の役者さん、瀬戸日本館のスタッフのみなさん、ありがとうございました。

名前: T.K. [ 2005/09/26 22:30 ]
[No.46] 瀬戸日本館
編集
初めて「一粒の種」を観たのは4月上旬でした。何の予備知識もなかったので、素直に感動しました。訳もなく涙が流れてきました。
2度目は7月に。今度はシアター内をいろいろ見回す余裕がありました。新たな発見もあったりして楽しみました。
残念ながらその後瀬戸会場に足を運べず、9月24日のドームでの特別公演にかけました。初めて早朝からゲート前に並んで、私にとって最後の公演を観ることができました。その感激は言葉にできません。
科学技術では創り出せない、すばらしい何かを与えてもらったのだと思っています。


名前: 二匹のネコ [ 2005/09/28 18:13 ]  mail
[No.47] 瀬戸日本館
編集
子どもが年齢制限に引っかかり、ロビーで
モニター観劇となりました。
演劇好きな私には少々残念です。生の舞台を
観たかった…


名前: ちぃ [ 2005/09/28 21:37 ]
[No.48] 瀬戸日本館
編集
自分が日本で生まれ、日本に育った日本人だということに改めて気づかせてくれたところ。
外国人から見た日本の伝統的な美しさ、当たり前な「日本語」の持つ独特の響きを再発見できるところでもありました。
生で感じる役者さんたちの躍動感・息遣いなど、迫力のある舞台は大好きでした。
また、この振付けを担当された先生の振りはもともと好きなので、動きに注目して見ていましたが、期待を裏切らない出来で嬉しかったです。

名前: ずんすけ [ 2005/10/02 12:08 ]
[No.49] 瀬戸日本館
編集
最初の部屋は四方を和紙で囲まれた空間。
その和紙に日本の色々な映像が映ります。
映像が終わると雨音がなり、床には水の波紋を表現した光の輪が広がる。
次の部屋(群読シアター)に通され、前から2列目の席に座れた。
「叙事詩」とか「群読」とか言うので、事前のイメージは静かに詩を読み上げるしんみりしたものかと思っていたが、全く違っていた!
スピーディーで迫力があって、ところ狭しと踊りまわる役者達の生の声が会場内に響く、響く!
何と言う圧倒的な迫力か、こんなの見たことないし、今後も見ることはないと思う。
感動で鳥肌が立って仕方がなかったです。
瀬戸に来て良かったと心から思った。
今、もう一度だけ何か好きなものが見れるとしたら迷わず瀬戸日本館を選ぶでしょう。


名前: 秘密基地 [ 2005/10/05 18:43 ]
[No.50] 瀬戸日本館
編集
前評判は決して高くはなかったが、口コミで抜群の人気を呼んだ。
赤組も青組もすばらしい。

名前: ゆうとかいとう [ 2005/10/24 22:38 ]
[No.51] 瀬戸日本館
編集
群読のせりふの内容がわからない人がたまにいるが、
単に日本語の知識がないだけ。
まともな国語教育を受けず、漫画やメールばかりで
ふだんから読み書きをしていない証拠。

日本語の原点とも言えるような内容ばかりなのに、
この程度の内容が理解できないとは情けない。


名前: ゆうとかいとう [ 2005/10/26 22:45 ]
[No.52] 瀬戸日本館
編集
私は全体では日立館が一番好きだが、ステージショーのパビリオンとしては、瀬戸日本館と長久手愛知県館がとてもよかったと思っている。

名前: ゆうとかいとう [ 2005/10/28 21:34 ]
[No.53] 瀬戸日本館
編集
瀬戸日本館が、もしも長久手会場にあったなら、
もっと早い段階で爆発的な人気を呼んでいたと思う。
誰しもまずは、長久手会場に行くからね。

整理券方式だったけど、瀬戸会場だったから
比較的簡単に入手ができた。
このことはとてもラッキーだった。

ショーが終わったときに、観客から拍手が起こるパビリオンは
あまりない。ここと、韓国館くらいかな。

名前: ゆうとかいとう [ 2005/10/31 23:48 ]
[No.54] 瀬戸日本館
編集
「一粒の麦、地に落ちて死なずば、ただひとつにあらむ。もし、死なば、多くの実を結ぶべし。」
群読「一粒の種」を、観ながら、この言葉を思い出しました。昨年の夏、「一粒の種」として群読に参加した、あの若き役者さんたちは、今をどう生きているのでしょうか?
 「一粒の種」を観た多くの人々の心の中には、今どんな形で残っているのでしょうか?
 私は、目をつぶると、黒と赤、そして最後の白、「変わらないもの、、、、」という台詞が響いてきます。

名前: 一粒の麦 [ 2006/08/03 20:50 ]
[No.55] 瀬戸日本館
編集
群読「一粒の種」のせりふは今でも鮮明に残っている。
日本語の原点とも言えるすばらしい内容だった。


名前: ゆうとかいとう [ 2008/06/28 17:32 ]
[No.56] 瀬戸日本館
編集
瀬戸日本館の復活を望む

名前: ゆうとかいとう [ 2008/09/10 22:21 ]
[No.58] 瀬戸日本館
編集
長久手会場にあったらもっと早くから人気が出ていたであろう。

名前: ゆうとかいとう [ 2008/10/02 21:23 ]
[No.59] 瀬戸日本館
編集
言葉、動き、人いきれに打ちのめされた!鳥肌が立ちまくり、頭の中は
真っ白になり、無垢な魂が呼び出されました。
見終わった後、近くのアテンダントさんに、「感動した」と泣きながら話しましたが、後から観て、恥ずかしかったです。
ハイテク全盛、ネット時代とはいえ、やはり、なまの感動には勝てません!
「芸術は爆発だ!」の岡本太郎先生同様に、「バクハツ」しました。
DVD


名前: かずくん [ 2008/12/08 03:30 ]


 

Page: 1 |

スレッド一覧 > ▲ページの上へ > 記事閲覧