このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
| ホームに戻る | 留意事項 | 管理用 |   

スレッド一覧 > 記事閲覧
地球市民村
編集
愛知万博の「地球市民村」についての感想を語るスレッドです。
投稿を行なう場合には、各スレッドの一番下にある返信専用フォームより投稿ができます。
出来るだけ雑談・質問などはせずに感想のみを書いていってください。

名前: 管理者  [ 2005/08/28 19:05 ]

Page: 1 |

[No.1] 地球市民村
編集
ナチュラルフード・カフェの自然食はとてもおいしかった。
3歳の娘は「赤い御飯」がお気に入り。カレーはちょっと辛いけど、10歳の娘がお気に入り。
万博が終わっても残っていて欲しいなぁ。

名前: ミイ [ 2005/08/29 12:25 ]
[No.2] 地球市民村
編集
ナチュラルフードカフェのビールは一番のお気に入りです。
呑みやすくさらりとしたのど越しで”美味しい”です!
そのほかの料理はさっぱりしすぎで物足らず、すぐにおなかが空いてしまいました・・・。

アースドリーミングシアターは携帯電話を使っていると注意されます。
メールなどは光がもれないようにしてください、と言われます。
最近混んでいるので、いつもの畳の休憩所を利用していますが、アースドリーミングのほうが疲れが癒されますね。

名前: sugi [ 2005/08/29 13:08 ]
[No.3] 地球市民村
編集
椅子と畳みで天井の映像を見れるとのことで第一候補だったのですが、入ってびっくり。気持ちの良い空間のせいか、熟睡している人の多いこと!。
雰囲気が壊れていました。

名前: ふく [ 2005/08/29 15:44 ]
[No.4] 地球市民村
編集
屋外スペースが空いてて混雑から逃れられて良かったです。ちょうどお茶のサービスもしてたし。

名前: 疲れた [ 2005/08/29 23:00 ]
[No.5] 地球市民村
編集
今日で8月も終わり、明日からラストの回ですね。
いつも楽しみにしています。

名前: yuu [ 2005/08/31 23:13 ]
[No.6] 地球市民村
編集
地球の現状の改善をはかるために働くNPO/NGOの活動を見て、自分にできることから初めてみる気持ちにやっと到達することがきました。 1番印象に残った場所の1つです。

名前: tiki [ 2005/08/31 23:50 ]
[No.7] 地球市民村
編集
ナチュラルフードカフェのランチセットまずかったです。
しかもセット1っ種類でセルフ方式なのになんであんなに遅いのか不思議です。


名前: 西沢 [ 2005/09/01 00:37 ]
[No.8] 地球市民村
編集
ナチュラルフードカフェの五穀米のカレーはおいしかったです。
しかし、ご飯も炊けててカレーも鍋に煮込んであるのだから皿に盛るだけなのに何であんなに時間がかかるのか・・・。
スタッフも沢山いるのに要領悪すぎ。
しかも、5時からの夕方メニューが5時15分頃に行ったらもう売り切れてて1種類しかなかった。
そんなに混んでもいなかったのに・・・。

名前: ちびあい [ 2005/09/01 19:13 ]
[No.9] 地球市民村
編集
昨日久しぶりにアースドリーミングシアターに行ってびっくりしました。
思いっきり休憩所になっていて、通路まで人が座り込んでいました。
癒される空間でいい感じだったのですが、もうその面影はありません・・・。

名前: nannminn  [ 2005/09/04 18:34 ]
[No.10] 地球市民村
編集
本来の目的ではないですが、いつも休憩に使っています。
コンパニオンさんが中を巡回しているので、置き引きの
心配が無いので寝てしまいます。

名前: YS [ 2005/09/07 03:04 ]
[No.11] 地球市民村
編集
ナチュラルフードカフェは、オーガニックフードであることを前提にしていくならお勧めです。確かにできあがるまで少し待ちますが、まぁほかのレストランの入るまでの待ち時間に比べれば穴場なほうかな、と思います。豆乳が麺つゆになっているそばなど、普段あまり食べられないものが食べられます。ある意味、万博らしいカフェです。

名前: 魚崎パパ [ 2005/09/08 01:09 ]
[No.12] 地球市民村
編集
早稲田大学の二酸化炭素を植物が吸収するという実験装置で、目に見える吸収の速さや効果に驚きました。マングローブが一番吸収率がいいということで、失われつつある熱帯雨林の大切さがよく分かりました。月ごとに変わるこういう地味な展示が万博本来の趣旨に一番沿っていて、有意義で貴重な場だと思います。

名前: meme [ 2005/09/08 17:55 ]
[No.13] 地球市民村
編集
愛地球博の一番のテーマ「自然の叡智」が一番伝わってきたところでした。

シアターは、休憩客で埋まっていましたが2歳のチビはシアター映像を綺麗と感動していました。私も感動しました。

展覧ブースもものすごく環境のことを考えていて。勉強になりました。

確かに、パビリオンの技術の凄さやエンターテイメントさも感嘆ですが…市民村の構成は本来今回の万博で伝えたいものが込められていた気がします。

場所が隅っこに追いやられていてもったいない!!そんな気がしました。

名前: 勉強 [ 2005/09/09 10:08 ]
[No.14] 地球市民村
編集
企業が取り組んでいる環境問題などがわかりやすく説明されていました。メッセージを書き込んだらモリコロのストラップとかわいいイラスト入りのプリクラもいただき、とても良い記念になりました。(いつもなのでしょうか?)シアターはほとんどお昼ねルームになっていましたが20万人を超すことがめずらしくない現状では仕方ないかとも思います。もっと空いているときに寝転んでのんびりと天井を見上げたかったなぁ。

名前: chiko [ 2005/09/15 21:30 ]
[No.15] 地球市民村
編集
22万人の時に行きました。
展示物とかゆっくり見ると考えさせられることも多いですね。
子供たちがメッセージを書いたらモリコロのストラップがもらえ、喜んでました。
シアターは満員御礼状態!「ただいま立ち見でのご案内になります」とスタッフの方が声を張り上げていました。
が、中をよく見ると明らかに熟睡していると思われる方多数。
空いている時期ならともかく、こんなに混み合ってきているのだから、
時間制限制にすればいいのに・・・と思いました。

名前: わいわい [ 2005/09/19 13:54 ]
[No.16] 地球市民村
編集
スタンプラリーするために市民村へ行ったのですが、いろいろな展示に親子でいい勉強させていただきました。
特に病気の子供達が撮った写真をざっと見ただけですがなぜか涙がでてしまいました。私自信も含めて子供が健康であることのありがたさが身にしみました。
シアターは座る所がないくらい混雑していて、みなさん靴を脱いでるせいか部屋全体がとても臭くて1周するのがやっとでした。

名前: ともともとも [ 2005/09/20 10:21 ]
[No.17] 地球市民村
編集
9/19まだ早い時間(10:00頃)に行ったのでアースドリーミングシアターも空いていて、と〜ても癒されました。朝早かったので、その時間でも寝てしまいそうでした・・
外のパビリオンも予想以上によかったです。皆さん熱心に説明してくださいました。「企業Bゾーン57℃ここ29℃」というのが妙に納得できました。どのパビリオンよりもここが万博のテーマに一番あっていると思いました

名前: かめちゃん [ 2005/09/21 00:10 ]
[No.18] 地球市民村
編集
市民村はとても好きなエリアです。
…といいつつも、あまり行けてないし、行けてもゆっくり過ごせてなかったりが
残念ですが、こういう空間がずっと残ればいいのに…と本当に思ってしまいます。

印象深かったのが、チラッとはじめて行ったときにインドの少数民族らしき衣装を
身につけた女の子とトイレで遭遇したり、ライブで外国人と日本のミュージシャン
がノリノリに踊っていたり、誰かしゃべっているな〜と思いきやC.W.ニコルさん
だったり…。

外国パビリオンとあわせ、どれも私の万博の、印象深い体験になりました。

また最近ようやく展示を見る機会があり、先進国による森林破壊で生活の場を
こわされ、貧しい生活を強いられるようになったインドの少数民族のお話を聞き、
洗濯の様子を見たりすると、環境問題がとてもリアルに感じられました。

片方で利便性や合理性をおえば、片方で不自由な思いをする人がでてくる…この
万博では理想的でない現実の社会を見ることができてよかったです。

名前: ぱんこ [ 2005/09/22 13:24 ]
[No.19] 地球市民村
編集
ほんの少ししか見れなかったけれど、この市民村こそが万博のテーマに
合ったところだと思いました。すみずみまで見て回れなかったのが残念です。
他のパビリオンに比べて人が少なかったので見やすかったけれど、
もっと多くの人が見てくれたらいいのに・・・とも思いました。


名前: があい [ 2005/09/23 14:45 ]
[No.20] 地球市民村
編集
スタンプラリーも子どもには人気がある。
ナチュラルフードカフェもよかった。
シアターは疲れた人がよく寝ていた。

名前: ゆうとかいとう [ 2005/10/28 21:51 ]


 

Page: 1 |

スレッド一覧 > ▲ページの上へ > 記事閲覧